なんとなく気になっていたぷち・ドラゼミ。遅ればせながら、資料請求してみました〜
とりあえず、1学年先のプレコース(年少)を取り寄せてみましたところ・・・色々とびっくりすることが

じっくり目を通したのですが・・そうか!ドラゼミって小学館だったんだーーって思わせられた執念のコンセプト

まず、年4回届くという、「小学館の図鑑おでかけ NEO」こちらは、普通に書店で並んでいる図鑑NEO↓の「昆虫」「動物」「植物」「乗り物」「魚」「水の生物」を季節ごとにコンパクトにまとめたものなんだそう。


確かにこれだとコンパクトサイズで持ち運びに便利だし、もうすでに上記の図鑑を持っているご家庭でも季節ごとにまとめてあるということで、そっくり同じというわけではなくて価値があります。
同じ教材を色々な角度から何度も繰り返し触れる、ということは「ディズニーの英語システム」で本当に効果があるな〜と実感していますので、とても良いアイディアだと思いました。

それから、初回に届くらしい「かずとタイル」。こちらは数の概念を手や目を使って基礎から学び、足し算、引き算につながる学びができるという教材。

これは、一目見て”ピーン”ときましたこれって、、まるで勉強ひみつ道具の”プリ具”みたいじゃあないですか?!これらは小学館のものなんですよね〜確か、長女が小学生になってから続々登場しつつある教材で、、今もラインナップ増えつつあるみたい自学自習のためのお助け道具、という位置づけかな。
算数分野)
自学そろばん+そろばんプリント ラクはや計算帳+ラクはや計算プリント 分数・小数はやわかりシート+分数・小数プリント単位換算定規+単位換算プリント立方体マグネット展開パズル+体積プリント360°分度器付ぺったんコンパス+円で図形に強くなるプリント場合の数カード+場合の数プリント三角形面積パズル+面積プリント

国語分野)


社会分野)


んーーなかなか種類も豊富だな〜。算数なんかは、苦手分野でこういうのを利用してみるのもいいかも。国語の語句や漢字・・・これは、、もし中学受験するなら、塾で本当にずーっと最後の最後まで徹底してやらされます。読解も結局は、語彙が乏しいと出来ない。語句だけを覚えるというのは、受験生ならやらねば仕方のないことだけれど・・できれば小さい頃から本や普段の会話から語句を豊富にしておくのが理想的ですね

それから、、親子でいっしょに!まなびノートは、保護者向けの冊子なのですが・・毎月1話「読み聞かせ絵本」があって、それが、あの「おひさまからピックアップされているんですって。うーむ、私のツボにはまる〜

さらに、、兄弟・お友達紹介プレゼントのひとつに・・これまた書店に並んでいるドラえもんの学習シリーズの慣用句びっくりことば事典

が入っていましたほほ〜すごい。このシリーズは、結構長女も持っています。男女問わず小学生に人気ありますよね〜。まさに90年以上の歴史を誇る小学館の英知を集めたといわんばかりの内容だと感じました

さらにさらに!!2月いっぱいの特典らしいのですが、他の教材からの「のりかえ割キャンペーン」というのをやっているそうです。え?!携帯電話ですかーー。これには本当に唸ってしまいましたとにかくぷち・ドラゼミを宜しく〜!!っていう執念?!を感じました

会費もお手頃だし、、バランス的にも良さそうな感じですね
まぁ、興味のある方は、サンプルを取り寄せて実際に見て検討されるのが一番ですね。そうそう「1」を書くときのコツが載っていたのですが、、偶然私も似たようなことを二女チャンに声がけして、運筆はかなり上達したと感じていまして・・具体的には、直線は「ぴゅー」と言いながら書かせ、方向転換する時は、必ず「ぴたっ」と言って止めさせます。文字のはらいの部分は「しゅっ」と書く速度に合わせて言ってあげるとうまく書いてくれます・・そのあたりもおんなじだったので嬉しい気持ちになりました

さて、、我が家はどうしようかな〜しかし、よーく考えると幼児教室1ヶ月分の費用で年間受講できちゃうよ

では、続きはプライベートモードでどうぞ長くなってすみません。。
あなたのワンクリックで私達を応援してね!ランキング順位が上がるよ その1子育て人気ブログランキング
その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系 その3またまたランキング

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。