小4から理科はz会を併用しつつ、3,4年生分野を復習しているのですが・・・ちょうど前・塾の最後に習っていた「星」の分野が中途半端でなんだかたくさん出てきた星座や星の名前がごちゃごちゃしているらしく・・・私も気になっていて・・・・ついでなので太陽、月、星などの天体分野について調べてみることにしました。
色々調べてみるとこの天体分野は、受験分野としても結構難しいらしく・・・・・まずは、月、星が出てきて、、太陽は最後に習うみたいなのです。

学校ではまだ本当にたいした内容は習っていなくて、太陽が東から上り西に沈むという事を先生から「バカぼんの歌を信じてはダメよ〜」なんて言われたそうで(バカぼんの歌なんて今の子は知っているのかな?と思ったのですが)

それに引きかえ中学受験の問題はとても難しい学校とのギャップがありすぎて大変なのですが、塾の実力テストでは理科も社会も加わってくるので習っていません!ではすまされないですものね。

幸い、パパが天体文分野は得意なので、、ママ塾も心強いのですが・・・できるだけスムーズに学習が進められるように準備しておかねば!と思っています。

今のところ、一通り学んだ自由自在理科 小学3・4年 全訂版 (2)に引き続き小学高学年自由自在理科 カラー版 全訂版
を・・・用意して、天体分野の特訓にいいもの見つけました!!こちらのテーマ別特訓ノートですかなり詳細な内容で、「天体」を解くのに役立つ「覚える図」の書き方と意味をたくさん紹介しているなかなか画期的な教材です。しかし、今の知識レベルでは、とても難しいので段階を追って使用したいと思っています。そういえば!ドラえもんの理科おもしろ攻略 天体(地球・月・太陽・星の動き)がわかる (ドラえもんの学習シリーズ)も持っていたじゃあない?!今こそもう一度熟読するタイミングですね(私も読んでみましたが、結構、役立ちました!)

理科という科目は、娘は今の段階では好きで、特に試験管やらフラスコ振ったり・・などの化学実験がお気に入りです。ただ、分野によって(生物、物理、地学、化学など)ものすごく感じがかわるといいますか得意、不得意が出る可能性もあるように思います。出来るだけ嫌な印象を持たないよう、苦手意識が芽生えないよう、初めが肝心かなぁ〜(学校の先生が楽しい授業をしてくれると助かります☆)さらに娘は、器械を触ったりすることが好きでその操作もすぐに覚えてしまうので、本格的な実験なども目を輝かせるんじゃないかな〜って思います。


それから近くにちょっとした天文施設もありますので、小4以上を対象とした講座に参加したり、観測にも行ってみたいな~とも思っていますやっぱり、がりがり机に向かってお勉強教するだけでなく、できるだけ実体験を通して好きになって欲しいです好きであれば、いつからでも本格的に学ぶことはできますから~まだまだ4年生のうちは、そんな時間を確保したいと思っています

ちなみに今月のz会の内容は「植物の成長」で、、小4分野の総まとめを段階別新問題集小学4年理科を使って取り組んでいます。学校でもこのシリーズの3年生版を使っています。

いつも応援ありがとうございます あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ その1子育て人気ブログランキング
その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系 その3またまたランキング♪