先週、搬入時以来2度目の待ちに待った調律が入り、、とっても狂っていた音が見違えるほど美しく生まれ変わりました
今年の夏は特に猛暑だったこともあるのですが、、特にYAMAHAのXAシリーズは、グレードの高い伸縮性のある弦を使用しているために、余計に音が狂ってしまうんだそうです。まぁ、その分、より音色の幅も広がり・・・表現の幅も広がるということにつながるわけですが

調律後、ホントにたった1音を普通に叩いただけでも、豊かな音色が響き渡ります。。とっても細かな音の粒がキラキラする感じで、娘も弾いていてとっても気持ちいい〜と言います

調律師のUさんは、ちょうど9月、10月と大学など学校関係の調律が多く入っていて忙しい様子でした。我が家のピアノもみていただいて、、「随分と弾いてくださってますねぇ〜」とおっしゃっていました。放っておいても弾いても音は狂うそうですが、弾いて狂うほうがピアノにとっては当然のことながら良いそうなんですどのくらい弾いたか?は、やはりプロには分かるんだそうですこれからも弾きこめばどんどん豊かな綺麗な音色が鳴りますよ!ということでとっても楽しみです。そして次回の調律は5ヶ月後!ということになりました。


ところで、少し前にブログのお友達が記事にしていたのですが・・・暗譜のメカニズム?!について書かれていました。。そこのお嬢さんk子チャンは、暗譜がとても速くていつも娘も目標にさせて頂いているのですが、どうやら頭の中に楽譜が丸ごとあってページをどんどんめくりながら弾いていく、そうなんですね実は、私も暗譜については、娘がどのようにして行っているのか?以前から興味があったのです。でも、以前にたずねた時は「どうしてできるか?分からない。知らないうちに弾けている」みたいな答えだったんです

それで、もう一度たずねてみました。するとどうやら、娘の頭の中にも今では、楽譜が出てくるようで・・・それは譜読みの段階で入ってくるらしく、単に♪が五線譜にのっかっているだけではなく、音階も書いてある?らしいのです。なるほど〜と思いました。。楽譜が読めなかった小さい頃は、耳から聞いた音をドレミに変換して頭に出してきていたのですね。。。そういえば、音取りさえしたら右手パート、左手パートをそれぞれすぐに階名で歌っていたなぁ〜(思い出した!)たいていの曲なら一度音を入れてしまうと、次の日にはほぼ再現できる!という感じで、今まであまり苦労なくやってきたように思います。しかし!最近は曲の難易度が上がってきて色々難しくなってきているので、譜面は分かっちゃあいてもサクッと上手に弾けないという事も多々生じてきていて、それで泣けてくることもあるようですちょっと、まだもう少し手の大きさやら体の大きさ、テクニック的なこと・・・と未熟な点が多々あるので仕方がないと思うのですが、、、いずれにしろこれからは、難しい曲ばかりになっていくでしょうから、ここをしっかり越えていかないといけませんね〜

私が思うに楽譜が丸ごと頭に入っている!というのは、算盤が頭に出てきて玉をはじいて計算する!とかと同じ仕組みだと思うのです。。人それぞれ向き、不向きはあるのでしょうけれど・・・ある程度小さい頃に始めないとこの現象は起きないのだと思います。あと娘の場合は、絶対音感があったことも影響しているのかな?ま、あくまで私の推測ですが・・・
追記です♪さきほど、暗譜に関しての興味深い記事を見つけました☆読み進めていきますと真ん中あたりに暗譜の種類というものがあります。どうやら暗譜には3種類あって1,ダンス暗譜2,音感暗譜3,理論暗譜があるとのこと。娘の暗譜の種類は、まさに2番の音感暗譜そのものじゃあ〜ないですか娘の証言がぴったり一致しているので、こりゃあびっくりですどうやら音感暗譜はダンス暗譜より大変効率よく楽に暗譜が出来て、その労力の差は100倍とも1000倍ともいうほど違うんだそうです長年の疑問が解消されて気分すっきりです

暗譜に関して色々調べていたら面白そうな本が色々ありました。。本文中にもれなく暗譜の内容が出てくるようです
ピアノスタイル ピアノがうまくなる理由 ヘタな理由 (CD付き)
いのちの声―失うことは生かされること
ピアノ・コンチェルト
視力3cm―それでも僕は東大に
47歳の音大生日記 (中公文庫)
歌を忘れてカナリヤが -奪われた言葉を追い求めて十年-
わたしの歌をうたいたい

いつも応援ありがとうございます あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ その1子育て人気ブログランキング
その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系 その3またまたランキング♪