前回のレッスン(1月2回目)は、能のお稽古がスタートしたため時間を変更してもらってその日最後のレッスンでした。

20時前からこの日もみっちり21時半過ぎまで・・・よく集中できて頑張ることができました 
この日もコンクール曲からスタートして、続いてハイドンソナタの1楽章を録音しました。ミスなく弾くことができて。続いて2楽章をみていただきました。

1カ所拍の取り方が間違っていましたが、あとは大丈夫だったようです。2楽章は短いのでぼちぼち3楽章もみておいてもいいかもしれませんね。

それからモーツアルトのソナタk330。。最後のページの一つのスケールの中に2カ所トリルが入るところ・・追いついてません。速度を落とせば綺麗に入るのですが・・・練習あるのみかな?部分練習で乗り切ろう!

そしていよいよハノン・・1番だけですが・・・とにかくゆっくり!片手ずつ弾かされました。。強い音を出すために指をしっかり上げて〜ただそれだけでいいから〜と

ツェルニー100番は32番、次回スピードUPしてね!ともう一度。。
ツェルニー30番は、2番が合格になって7番が追加されて3番〜7番の5曲が宿題です。


 そして、今年の教室の発表会についてのお話が・・毎年、先生の音大時代のお友達の先生と合同で発表会をされるのですが、今年は一昨年同様ホテルで行うとのこと。。
例年6月なんですが、今年は6月の日曜日に仏滅がなかった〜ということで7月になったそうです

ソロの曲については・・・スズキ8巻のカバレフスキーのソナチネ第1番ハ長調 Op.13 No.1に挑戦してみましょう♪ということで(たぶん、発表会では第3楽章プレストのみになると思うのですが)もうすぐしたら今年の課題曲、教本7巻のモーツアルトソナタk331(全楽章)と同時進行で練習することになりそうです。課題曲のほうは、夏期学校でも受講することになるのでやはり夏までには仕上げないと〜

それで、まずカバレフスキーのほう、聴いておいてねと8巻のCDを貸していただきました。。
 スズキ8巻CD
実は、スズキの教本自体はこの8巻が最終なのですが、最近追加された教本だそうで・・CDも東先生が演奏しているんですよ。。今までの教本も随時見直しされ曲目も変更され、それに伴い東先生によるCDにリニューアルされ・・・今、3巻まで新しいバージョンになっているそうです。

↑デザインも教本の表紙と同デザインに。今までは外国のピアニストの方たちばかりでした。。

切れ味のある東先生の素晴らしい演奏を今、何度も何度も繰り返して聞いているのですが・・・カバレフスキーのソナチネも大好きになりましが・・それ以上に8巻に収録されている憧れのイタリア協奏曲にあやごんは魅了され(特に第3楽章)・・・「あぁ!早く弾きたいな〜」と興奮気味に指揮棒振りながら楽しく聴いています。本当、私も大好きな曲です・・気分がぱっと明るくなりますね。いろいろな方の演奏を聞き比べましたが、東先生の演奏、とっても素晴らしいです。あやごんも「この曲、聴いていたら疲れがふっとぶわ〜」と言っています

そしていつの日か夏期学校で東先生に教えて頂ける日が、ホント待ち遠しいです〜

憧れの曲を徐々に弾くことができる・・・って本当に嬉しく幸せなことですね。。もちろん、曲の難易度もレベルUPしていっているので、一層の努力が必要なんですけれど。。先生に指導していただいたことをおうちでの練習時、しっかり考えて復習して〜っていうことを地道に頑張ってほしいです。

今の目標は、とにかくレッスンまでの1週間で与えられた課題の完成度を合格レベルまでに努力するってことかな?まぁ、大曲については、長いおつきになりますからいつでも新鮮な気持ちで丁寧にそれでいて生き生きとした演奏が出来るよう取り組めるといいですね

カバレフスキー 二つのソナチネJ.S.バッハ/イタリア協奏曲/原典版(ヘンレ版/ドイツ)

いつも応援ありがとうございます
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪