3連休最終日、あやごんと二人でちょっと足を伸ばして(パパはお仕事です〜)・・梯剛之さんのピアノリサイタルに行ってきました

少し前までは、違う方のピアノコンサートにでも・・・と思っていたのですが、先週突然、娘の小学校から今回のピアノリサイタルの案内をもらってきまして・・とあるカトリック系列の学校のイベントでクリスマスチャリティコンサートとして梯さんを招く(売り上げの一部を寄付にまわす)・・・ということで、以前から一度聴いてみたい!と思っていた演奏家だったし、即申し込みいたしました  
そうしましたら、わざわざ教頭先生から”申し込みありがとうございました。どうぞ演奏を楽しんできてください”というお電話をいただきまして・・・ほんわか、温かい気持ちになりました

今回は、電車を何度も乗り継いで・・・私鉄→地下鉄→私鉄→地下鉄ようやく、会場に到着しました。
たまにはこういう電車でのお出かけも良いもので特急の電車内でランチをしたり・・景色を眺めたり本を読んだり〜結構、あっと言う間でした

今回のホールは駅からも近く、斬新なデザインの素敵なホールでした。
会場に着くなりあやごんは「素敵なホール☆こんな所で、ピアノ弾いてみたい♪」と言っていましたっけ・・・

さて、会場は大ホールだったにも関わらずチケットは完売で超満員!1階席などはすでに空きはなく・・・3階席から鑑賞することになりました。

テレビなどで知っていただけの盲目のピアニスト梯剛之さん・・・きっと彼にしか見えない世界をピアノで表現されるんだろう〜とわくわくどきどきしながら開演を待ちました

この日、演奏された曲はバッハ2曲にシューベルト2曲、ベートーベン3曲だったのですが・・・なんともいえないほどにやわらかな優しい澄みきった音色で心の奥にまで染み入ってくるような音楽でした。どの曲もわりとゆったり目の雰囲気で・・・本来、激しいイメージの”熱情”なども激しさの中にも包み込むような優しさがあったり・・シューベルトなんかはほんと水が流れているの?!というくらいにつむぎ出す音楽が美しくて・・なんだか自然に涙が出ちゃった・・・きっと癒されたんですね〜

あやごんもほとんど知っている曲で、楽しめてよかったです。

それからアンコール曲は、、なんと・・3曲も!まず、”エリーゼのために”それからシューベルトの”即興曲”それから更に更に・・・歌曲「冬の旅」から”菩提樹”でした。初めからこの3曲を予定されていたのかは分かりませんが・・・まだまだいつまでも聴いていたいな〜と、そんな風に思える音色でした

ところで、彼を舞台の中央のピアノのところまでいつも付き添ってきていた女性がいたのですが・・遠くからでよくは分からなかったのですが・・きっとお母様ではないかしら?と思いました。なんとなく輪郭が似ていたように感じたんです。

生後1ヶ月で小児がんのために全盲になってから・・身近に彼を支え続けたお母様、、彼らが一緒につくりあげた音楽は、本当に最高でした。。この秘密を探るべく彼の自伝いつも僕のなかは光を早速読んでみようと思っています

リサイタルのあとは、ちょっと可愛い雑貨店でお買い物したりして・・・クリスマス気分を味わってきました。あやごんはもっともっとじっくり見たかったようですが・・もう辺りは暗くなっていましたので〜切り上げました〜

さて!来月は、いよいよ娘の学校で行われるクリスマス・ミサやクリスマス・ページェントに参加する予定で・・これまでと一味違ったクリスマスになりそうです

梯剛之さんの素敵な音楽を聴いてみませんか?
ピアノ・リサイタル95・4・14熱情伝説のライヴプレイズ・ショパン

いつも応援ありがとうございます
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪


これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。