昨日、無事に母の手術が終わりました

一昨日の夜には先生より手術の詳しい説明があり、昨日も朝から約10時間の大手術で・・父と私たち3人 (あやごんは下校後に☆)が付き添いをしました。。
母の病気は、脳腫瘍という診断でその中でも髄膜腫という90%が良性の腫瘍だそうですが・・・かなり大きくなっていていろいろ詳しく検査してみると小脳部位だけではなく、一部大脳側にも食い込んでいて更に大きな静脈をまたいでいることが分かりました。

紹介を受けた病院には、偶然にもテレビなどで紹介される名医(o先生)がおられ(知り合いのドクターも太鼓判)・・とにかく外科的処置しか他に選択はなく・・大切な神経を傷つけず、、血管も傷つけずにどれだけきちんと腫瘍が取りきれるか?がキーになるとのことでした。これは、もう手術をやってみないとどうなるかはわからなくって・・もし、腫瘍の取り残し(止む得ない場合)が生じれば、その部分から再発の可能性があるし、もし何か神経を傷つければ、目が見えない、聞こえない、手足の麻痺、平衡感覚の異常など後遺症が残ってしまう・・ということで本当にまずは無事に手術が成功することだけをただただ祈っておりました

術後、まだしばらくは予断を許さない状況ですが、、とりあえず、あんな大手術だったにもかかわらず・・ICUに戻った母は、既に意識も戻り少し会話もできる状態でした。。少し顔もむくんで痛々しい様子でしたが・・・私としては、あの回復ぶり?に正直驚いてしまいました。

本当に先生方の腕が素晴らしかったんだろうと・・・ただただ安堵&感謝の気持ちでいっぱいです。


ところで、この脳腫瘍という病気ですが・・うちの母に関しては朝方頭痛が1ヶ月ほど続いたため近くのクリニックを受診して見つかったのですが、、それ以外全く症状がなかったため・・ほんとよく発見できたなという心境です。

特にこの髄膜腫という種類は、女性に多い病気だそうで変な頭痛など心当たりのある場合はやはり一度きちんと検査をしたほうが安心ですね。
また、他の一般的な症状としては吐き気やめまい、まっすぐ歩けない、や見えにくい、聞こえにくい・・・など腫瘍発生部位によって症状も様々です。

それから、とにかく信頼できるドクターにみてもらうこと!頭を手術するわけですから・・・腕利きで評判の良い先生であることが・・望ましいですね


さて、今回、何度も病院に足を運びましたが・・・あやごんはすっかり大病院の空気が気に入ったようですいろいろな器械があって面白いし、興味津々でした。宿題なんかも談話室でやってすっかりくつろいでました〜。

ナースステーションから手術の様子をリアルタイムでモニターに映し出されるのですが・・・ちょくちょく見てましたし・・全然平気だそうです
 日頃、よくテレビで見ているからな〜鍛えられたのね!?

そして、今回のことで多くの方々から励ましのお言葉を頂きました。。
親類をはじめこのブログの中の方、私の友人や知り合い、娘のお友達関係の方々などなど・・・娘の担任の先生はあやごんやらそのお友達と学校内のチャペルでマリア様に祈って下さったそうです。数年ぶりに連絡をとった友人からも貴重な情報を頂いたりしましたみなさま、本当にありがとうございました〜おかげで私がとっても元気でいられましたよ

また、母の今後の経過も注意深く見守っていきたいと思います。。

脳腫瘍関連
脳腫瘍のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

天才脳外科医 福島先生関連
ラストホープ 福島孝徳 「神の手」と呼ばれる世界TOPの脳外科医
神の手を持つ男 (2) (KADOKAWA CHARGE COMICS 6-2)
福島孝徳 脳外科医 奇跡の指先 (PHP文庫 ひ 30-1)

いつも応援ありがとうございます
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪