PTNAコンペが終了して・・・お盆明けから久々に通常の教本に専念しております。。

そういえば、つい先日全国大会も終了して、同じ本選地区から全国に進んだお友達から大変嬉しいお知らせが舞い込みました〜大舞台で力を発揮できること、平素の努力、才能、どれをとっても素晴らしい!!の一言に尽きるのですが・・私たちも見習って頑張らないと〜と、最近ちょっと真面目に?!練習しております(*^_^*) 
コンペの内容もまたじっくり振り返ってみなくてはなりませんが・・とりあえず、最近のレッスン内容です

まず、スズキ教本の6巻より課題曲のモーツアルトのソナタk545第1楽章・・仕上げの段階後は、テンポをどのくらいにするか??一番弾きづらそうなトリルが奇麗に入る速さで・・ってことになりそうですが、、来月くらいに録音する予定です。とにかく第1楽章は”モーツアルトらしいキラキラした音色で弾いてね”と先生より指示がでておりますどこまで近づけるか??挑戦中です。

それから7月中旬ごろから譜読みを始めた第2楽章。
かなり良い感じで仕上がってきました。途中、左手がややこしいですが、その部分をかなり注意深く弾いているのでミスが減ってきました。もう少し、楽に弾けるようになるともっと歌えるようになって素敵に仕上がると思います。

そして、お盆明けから取り組んでいる第3楽章。軽快な曲ですが、なかなか音を外さずに・・・となると難しいです先週は片手ずつの練習。今週は両手で練習していますが、ゆっくり&部分練習をじっくり取り組んでいます地味〜な練習だけれど、結局これが近道!!と言い聞かせて。時間の取れる今のうちに・・・と思いまして。もちろん、ややこしくてうまくいかず泣き泣きですが、、何度か繰り返すと効果が出てきて「もう一回弾く!」という風に(その様子はプライベート記事にてご覧下さい)この調子で週末までに完成度を上げたいです。

メインはこのソナタですが、、時間的に余裕が出たので5巻の古いフランスの歌(チャイコフスキー)とプレリュード(バッハ)を同時進行しています。
ダカンのかっこうももう少しより良く出来そう・・・と引き続き見てもらっています♪

基礎力強化のメトード・ローズの下巻ももう後少しよくA2級の課題曲でこの教本からも選択されているので、毎週、コンクールで演奏できる位の完成度を目指して・・・って心がけています。

課題曲の提出は11月ですが、、同じ11月にチョットしたイベントが入りそう。
楽器店主催のコンサート(審査あり)のお誘いを受け、あやごんも出たいと言うので、今、自由曲である課題曲を先生と相談して選曲中なのです。

実は、あやごんはとても弾きたい!と思っている曲があったのですが・・・その曲は2分以内という既定よりはるかに長い4分を超える長い曲で却下その曲とは・・・ヘンデルの「調子の良い鍛冶屋」で技術的にもまだ無理なんですけれど、とてもお気に入りでいつも歌っていて早く弾きたい弾きたい♪って言ってるんです。

それで、その曲は諦めて・・・何かないかな??と。。それで・・・湯山昭さんのお菓子の世界シリーズもよかったのですが、あやごんはギロックのこどものためのアルバムを何度も聴いて1曲選びまして・・先生に相談したところ、それで「ok」と基本的にあやごんが弾きたい!と思う曲がいいということで・・一応、今週から譜読みを初めていますそれで次のレッスンで見て頂いて正式にgoサインが出るかな・・という感じです。

やはり審査が入る以上、ただ弾きたい!だけで選ぶのはまずいと思うのですが、たぶんいろんな意味で丁度良い曲(勉強する点も多くあやごんに向いている)だと思うので、この曲に決まればいいな〜って思っています。

また新たな目標に向かって、2学期が始まるとまた忙しくなるけれど・・地道な練習、、楽しく頑張って欲しいです


いつも応援ありがとうございます
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。