今月のeduに「音読」特集が組まれていたので、、今回はその内容を少し書いてみたいと思います
edu (エデュー) 2006年 10月号 [雑誌]

それにしても、音読って・・・脳にかなり良い効果があるそうですね
百マス計算で有名な蔭山メソッドの核となるのが、実は「音読」だそうです。

確かに文章を声に出して、テンポ良く読むと・・・脳にエンジンがかかり、何より元気がでますよね〜

音読と脳との関係は東北大の川島隆太教授も研究されていて、音読すると大脳の70%が活発に働き始めるそうで・・つまりは脳の為のウォーミングアップ☆なので、お勉強する前に5分〜10分ほど音読すると良いそうです〜

更に続けていくと「集中力」や「記憶力」もUPするそうです実は、あやごんも字がある程度スムーズに読めるようになってきたこともあって、絵本とは違う読みやすいひとりでよめるはじめての名作―「あいうえお」を覚えた子どもがよむリライト教材 こくご編
という本を時々、音読させています。

この本には、短編作品が6点あり、どれも有名なお話しばかりです。
さらに全てひらがなで書かれていて、難しい言い回しには横に説明文があり、文章を理解しやすくするために可愛いイラストも描かれています。

あやごんの大好きな作品は、「じゅげむ」と「でんでんむしのかなしみ」です。
「じゅげむ」は、とにかくあのテンポの良い文章が、楽しいんですね。あっという間に覚えてしまいした。

それから「でんでんむしのかなしみ」は、少し哲学的で難しい様にも感じますが、子供なりに意味を解釈することができたようです。
 それから、このお話しに登場するカタツムリのイラストがとても可愛いのです。
主人公のカタツムリは、青い殻を背負っています。そして色々なお友達が登場するのですが、みなそれぞれ悲しみが違うように殻の色が違うのです。中には殻を洗濯して?物干し竿に干しているカタツムリさんもいたりして・・・あやごんは大受けでした〜(^^)

そうそう、今回、eduに音読する前に読むと良い!という(口の準備体操になるそうです)「五十音」という北原白秋の文章が載っていました。

こんな感じです・・
♪水馬(アメンボ)赤いなアイウエオ浮藻に小えびもおよいでいる 柿の木栗の木カキクケコ啄木鳥(キツツキ)こつこつ枯れけやき 〜中略〜 わいわいわっしょいワイウエヲ植木屋井戸換えお祭りだ♪
 
これまた、とてもテンポの良い面白い台詞でしょう?!あやごんは、やはり大喜びで音読しています(^_^)vたぶん、、そのうち・・・全部暗記して音読できるようになると思います。こういうの、、好きですから他にも多田ヒロシさんのめだかのめがねなんかも大好きです〜やっぱり、お笑い系ですね〜(^_^;)

ところで、このeduという雑誌、、今回は小四と中一は落ちこぼれの分岐点?となる「算数」のことに興味があって購入したのですが、その他の内容もとても充実していて年間定期購読の申し込みしようかな〜って思っています。

実は、その特典が「バルーン地球儀」なんですまだ、我が家には地球儀がないんですよね。。。三十年ほど前の地球儀なら実家にありますが・・色々国名も変わってますからね〜。送料も無料だし〜お得だと思うのですが。。(^_^;)

とにかく、今のこの時期、国語力をしっかり身につけてもらいたな〜と考えてます。
どの分野もやはり基礎の基礎は”国語”ですよね?!それには、やはり本読み(絵本)が一番ですよね。無理なく自然と語彙力や言い回し、理解力が深めるには最良の策だと思いますから。音読は大人にももちろんいいようなので私もあやごんと一緒に毎日、続けたいな〜と思います♪

日本語力がつく!→徹底反復音読プリント―陰山メソッド 小学校全学年

最後に↓寄り道していってね〜←あやごんに「ママ、頑張って1番になってね〜」と頼まれてしまいました!無謀なのは承知ですが、どうぞ応援宜しくお願いします(*^_^*)
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪