あやごんが、正式にピアノを初めてこの9月で丸2年が、経過しました。
う〜ん、何ともあっという間でしたね

2年前というと、2歳9ヶ月なんですよね。本当にまだちっちゃくて・・・

でも、レッスンの基本スタイルは、その頃と今も同じですね。ピアノを弾く、歌う、聴音っていうシンプルスタイルです〜。

私なりに・・特に低年齢から始める場合のノウ・ハウ(っていうほど大げさではないですが)も少し、発見?!できたように感じるので、またいずれまとめてみたいと思います。

さて、前回のレッスン(9/9)の内容ですが・・

この日は、用事があって夕方に時間変更してもらいました。
最近は、色々過密なスケジュールをこなしたあとでもきちんと1時間のレッスンを受けることが出来るようになり、そのあたりにも大きな成長を感じることができますね〜(^_^)v

さて、この日見て頂いたのは、、11月の録音に向けての課題曲:クレメンティのソナチネOp.36,3(教本3より)・・・こちらはもう2ヶ月とちょっと弾いております。
随分、弾けてきてますが、、完璧には遠いです。16音符がくせ者で、かなり意識しないとはっきりとしたリズムを刻めません(T_T)そしてラストの方はかなり疲れてくるようです。確かに重音や和音の連打が(それもffとかで)ありますからね〜スタミナも必要ですね先生、曰く、f以外の所は、力を抜いて楽に弾けばそう、疲れないとのこと・・・ということは、、まだまだですな〜。

それから、教本2よりシューマンのメロディーを録音しました。
最近、ちょっとしっとりした感じの曲もそれらしく弾けるようになってきたかも?!
何より、この曲はあやごんもとても好きだったようですテクニック的にいうなら、初めて同じ音で指を替えるという弾き方を学びました。
演奏はこちら→(#)メロディー(収録日2006、8,9 4歳8ヶ月)

続いて、ベートーベンのソナチネの第1楽章&第2楽章です。
先月から始めて、全て通りました。第2楽章の出だしの左手部分、少々手直しされまして、1小節目と2小節目の違いを出すことが出来ました。
演奏はこちら→(#)・ソナチネ 第1楽章ソナチネ 2楽章 長いので、かな〜り画質を落としております。音も変ですが申し訳ございません<(_ _)>

そして、新しく今、バッハのミュゼットを譜読み中。右手と左手の途中まで見て頂きました。これは次回、両手を披露できそうです。。

それから、教本1の復習として「むすんでひらいて」。左手の伴奏と右手のメロディのバランス、また左手のドソミソのソの音が強くなりすぎないよう、よく考えて弾く様に・・・とのこと。合格印もらえました

そして、ノート(8小節の作曲)にお歌、聴音です。聴音はかなり高音域まであるけれど、きちんと分かるんですね〜。これ関しては、ホントご立派です〜
それから、この日、あやごんの後に高校生くらいのお姉ちゃんがレッスンだったのですが、ショパンのソナタを弾いていて・・fのあまりの迫力に私も間近で聴いていて度肝を抜かれたけれど・・あやごんは・・・耳をふさいでおりました〜(-_-)

最後に↓寄り道していってね〜←あやごんに「ママ、頑張って1番になってね〜」と頼まれてしまいました!無謀なのは承知ですが、どうぞ応援宜しくお願いします(*^_^*)
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪