巧緻性を高める・・・つまり、「手先を器用にする」ということは、大脳を刺激することでもあり、実は小学校のお受験でも問われるほど大切な分野です。

あやごんが、生後すぐから始めた家庭保育園の教材の中にも、幼児教室やお受験教室でも必ず取り組まれています 
では、具体的には、どのような教材を使って取り組みをするのでしょう〜??

まず、家庭保育園で1歳前から使っていた教材の中にまず、ペグ・ボードがあります。生後半年くらいから、たっているペグを指で挟んでつまむということができるのですね。それから、少し複雑な形をはめる タイムショックは、今でも十分楽しめる教材です。

それから、お教室でもよくやっているバランスゲームというのがあるのですが・・こちらは、100円ショップでも色々種類が揃っていて早速、試してみました。バランス1バランス2
←こちらは、ウサギの形をしたものをバランス良くひっかけていくというもの。慎重にすすめると・・何とか完成〜

バランス3バランス4←次は木製のテーブルにサイコロ状の小さな木をのせていきます。こちらは、結構難しい〜(>_<) 家族揃って交代交代で乗せていくというルールにしてもかなり盛り上がります。。ちなみにあやごんは、もう大興奮でした〜


蝶々結びそれから、そろそろ出来るようになって欲しい蝶々結び。こちらも普通の紐で練習しても良いのですが、ちょうど100円ショップでこのようなものを見つけたので、買ってみました。。紐通しもできるなかなかの優れもの練習のおかげで、自分のお洋服についているリボンなど、蝶々結びできるようになりました〜。


その他、昔ながらの折り紙、ちぎり絵、粘土細工、切り絵などなど、道具を使っての細かな作業もとっても良いトレーニングですね。
 こちらは、あやごんが1人で作ったアイロンビーズ です↓透明板の下に見本の絵を敷けば、かなり緻密な作品が仕上がります♪アイロンビーズはかなり好きで、1つの作品を仕上げるまでずっと集中しています(^_^)vアイロンビーズ1アイロンビーズ2






アイロンビーズ3アイロンビーズ4 





今の時期だったら、七夕飾りを色々作ってみてもいいですね〜。お飾りだけでなく、ティシュペーパーを親指と人差し指でうまくよじって、こよりを作るのもお勧めです。案外、よじるっていう作業(ひねる 等も)が、最近の身近な生活から減少しているんだそうです・・・身近なところにも色々手先を器用にする遊びってあるんですね〜。。

大人から子供まで折り紙で楽しんでみませんか?
5回で折れる!遊べる折り紙―ずれちゃってもかわいく仕上がるかんたん折り紙全98作品伝承折り紙連鶴49―一枚の和紙から連続した鶴を折る「桑名の千羽鶴」より折り紙建築 世界遺産をつくろう!脳が目覚める実用大人の折り紙キャラクターいっぱいのおもしろおりがみ

最後に↓寄り道していってね〜←あやごんに「ママ、頑張って1番になってね〜」と頼まれてしまいました!無謀なのは承知ですが、どうぞ応援宜しくお願いします(*^_^*)
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪