発表会が終わり、次は間近に迫ったPTNAのコンペ!!に向けて、課題曲4曲の練習をメインに通常のスズキの教本の曲を平行して練習しているあやごん
そして、いよいよ、初等科の課題曲のクレメンティのソナチネ op.36-3 の練習も開始〜 (教本2のほうも数曲残っているので、そちらと平行して練習している状態です)

実はあやごん、こちらのソナチネ、発表会で弾いたソナチネよりかな〜りお気に入りの様子。。例えば、おうちで教本のCDを流すとこのソナチネばかりを繰り返して聴きたがり・・・旅行での車中でも、たぶん・・・3時間ぐらいぶっ通しで繰り返し聴いていたぐらい・・大好きなのです(^^;)

何か、CD聴きながらも・・・「あ!ここの部分がめっちゃ可愛いねん♪」とか「この部分は、謝っているみたいで面白い♪」とかブツブツ言ってます。。

課題曲は今年も11月末までに提出だろうと思うのですが、先生から、「まず、提出はできるだろうけれど、もしうまく仕上がったら、来年4月にある○○地区のチャレンジコンサートのオーディションが来年1月にあるから、受けてみましょう!」とお声をかけて頂きました。
 このチャレンジコンサート・・はっきりいってかなりのハイレベルのお子様しか選ばれないのですよね。

今まで、何度か聴いてきましたが、まず、ほぼみなさん完璧な演奏をされます!
どんなに小さい子でもまずミスしないし、、音楽的にも申し分ないし・・・先生も「代表に選ばれる子は、勝ち気なだけではダメで集中力とか絶対に自分が弾きたいという気持ちが強い。あやごんちゃんが、その時期までにどこまで伸びるかは分からないけれど、まず、練習が好きにならないといけない。ピアノはとても孤独な練習だから、ちょっと辛い部分もあるわね〜」とのこと。
 
そうそう、そうなのよね〜。ピアノを弾くにあたって・・・お友達との外遊びの選択になったら、まだまだ「遊びたい!」という気持ちが強いからね〜。
 できるかぎりの努力はするつもりだけど、、精神的な成長は無理強いせず、本人に任せようと思っています。
 本当に真の実力と精神力が備わった時には、困難を乗り越えて・・・そんな素敵な夢の舞台で演奏できるかもしれません・・・ね♪

先生がおっしゃるには、来年のその舞台はまだ最近出来たばかりのN市の芸術ホールでとても良いらしく、是非頑張って!との事なのですけどね〜(^^;)

・・でその大好きなソナチネですが、チョロチョロ音取りしていて、発表会後のレッスンで前半部分、先生に披露していました

前半部分の演奏は、こちら→(#)クレメンティのソナチネ op.36-3 (4歳6ヶ月)
後半は、ちょっと指遣いを指摘されたので、とりあえず片手練習を徹底しています。

本当はね、コンペが全て終わってからソナチネに突入しても良かったんだけれど・・・好きだから、勝手に弾き始めちゃうんです・・(-_-)

11月まで・・・ってかなり時間があるので、こりゃあ、飽きちゃいそうだな〜と思って、母は心配なのですまだ、出来ていない部分があるうちは、毎週その課題をクリアしていけばいいので、どんどん練習もはかどるのですけどね・・・
ある程度仕上がってから、ぐっと良く仕上げるのは至難の業ですからね その辺り・・今回は重点を置いて、良い形で仕上げられるよう頑張ってみようと思っています

最後に↓寄り道していってね〜←あやごんに「ママ、頑張って1番になってね〜」と頼まれてしまいました!無謀なのは承知ですが、どうぞ応援宜しくお願いします(*^_^*)
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪