前回のレッスン(5/27)では、いよいよ発表会まで3週間ということで、かなりクレメンティのソナチネの第1楽章と第3楽章のレッスンをみっちり!していただきました 
音取りを始めて1ヶ月目頃には、そこそこ弾けるようになるにはなるんです・・・が、そこから完成度を上げるのがとっても難しい〜といつも感じる私です。

レッスン中は、確かに良くなるんだけれど、またお家でのレッスン中に元に戻ったり・・それでも少しずつは注意点が改善されているのかな?ぐらいの亀の歩みぐらいの進み具合で・・・

でも今日は、何だか(気分的に?!)グッと進歩したような〜

まず、1楽章♪
ソナチネ 第1楽章♪楽譜とにかくあやごんの場合、弾き始め時・・・落ち着いて弾かねばならないのです。どのような速さで弾くのか、どのように弾くのか・・・などを考えて弾き始める・・あまり速くてもダメだし、遅すぎてもダメ。一番美しくきこえる速さで弾くこと。。スケール部分は特にピアノに歌わせるように・・・だんだん大きく速くならないように・・・



続いて第3楽章♪
ソナチネ 第3楽章 楽譜「第1楽章と第3楽章では、どちらが速い曲かな?」との質問に「第3楽章!」と一応、曲の流れはつかめているのだが・・・それでも急ぎすぎず、全体的に可愛くきっちり弾くこと。
 16分音符の「レミファミファレド〜」は弾きにくい部分だけれど、いかにも弾きにくい〜!とは弾かず、とっても簡単よ〜って風に弾くように・・!(^^;)

特にスケール部分は、遅いテンポから速いテンポまで何度も繰り返し弾きました。
スケールは、どの音も重ならないように全部の音を同じ大きさ、テンポで弾くことを目標に家でも練習しなければなりません〜

ここまででざっと35分くらいだったけれど、随分集中してレッスンに取り組めるようにもなりました。先生の指示にも的確に応えて弾いているし、何より先生とのやりとりを楽しみながら弾いているのです。そのあたりに実は一番進歩を感じたのかもしれません。。

その後はコンペの曲、4曲みてもらって、連弾曲「うみ」、1巻の復習曲と2巻の「子守歌」、作曲の宿題や聴音、歌をしてこの日のレッスンは1時間15分くらいだったかな。。

そして、レッスンの後にも先生と今後のレッスンの注意点などお話しする時間が持てました。
 今後は、もっと「音の響き」に重点をおいていきましょう・・・との事。せっかく、今の年齢でソナチネが弾けるのだから、ただ弾くだけではない,聴衆を魅了するような響きの音色を出せるようにしていきましょう〜と。。。そうでないとソナチネを弾く意味がないというわけですね。。(出来ないのであれば、もっと簡単な曲を練習すれば良い)

先生曰く、過去にとっても美しいソナチネを4歳のお子さんが弾いたそうで・・手が小さい子供でも美しい響きを出すことは可能だとおっしゃるのですね。(直ぐには無理でもそれを目指すことが大切!)
 あえて、たくさんの教本を使う必要もなく、例えば、ソナチネの中に出てくるスケール、一つ一つを丁寧に(片手でゆっくり〜速く)仕上げていく・・・そして自分の出す音を良く聴く・・そんな単純な練習の繰り返しが大切だとアドバイス頂きました。

単純な内容をいつも新鮮な気持ちで頑張る!って事は、実に難しいなぁ〜と感じるのですが・・・なるほど〜と納得できたので、そのようにサポートできるよう頑張ってみたいと思います。

それと弾くときの指の形が、まだまだきちんと出来ていないあやごんですが、その辺は、「そんなに気にすることはないですよ。日本では、特に指の形を気にする先生が多いけれど、外国のピアニストは意外にもへんてこりんな指の形に人も多いもの。それでも要は聴衆を魅了できる素晴らしい響きを奏でられれば良いのです〜」とのことでした。
 
それでは最近の(#)ソナチネ 第1楽章♪(ラストのリピートは省略)です随分圧縮しているため、画像も音質も良くなくて申し訳ございません。。3月末の頃と比べるとそれなりに変化がみられるかな〜(^o^)

それと最近は、スケールなどで指がキレイに転ぶようにハノンで指ならしをするようにしています。。(#)ハノン 1番♪ これまた、私が使っていた年代物の楽譜ですね〜(^^;)
 
実は、今ってハノンもいろいろあるのですね〜こどものハノンとかこどものハノン―新編 (上)とかピアノスタイルあきない!ハノンとか・・・どれも気になるけれど、やっぱり・・・うちはとってもシンプルなハノンでまいりましょうか〜


最後に↓寄り道していってね〜←あやごんに「ママ、頑張って1番になってね〜」と頼まれてしまいました!無謀なのは承知ですが、どうぞ応援宜しくお願いします(*^_^*)
あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね!ランキング順位が上がるよ
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪