今まで大抵、あやごんの描く絵といったら、誰かのお顔。
それも、紙いっぱいに大きく描くパターンが多い。

そのことは、過去の作品(その1 その2)を参照して頂いたらよ〜く分かっていただけると思う
この日も「ママのお顔を描いてあげる〜」というので、「可愛く描いてね!」なんて注文をつけて描いてもらうことにした(*^_^*)

できあがった作品がこちら
   ↓
脱・丸鼻いつものように紙いっぱいの大きいお顔なのだが、「ママのお顔、よ〜く見てごらん!」と少しアドバイスしてあげたら・・・おや?!いつもの絵とちょっと違うそう!いつもお鼻は、丸い団子鼻だったのに・・「ほんとだ!お鼻、丸くないね!!」なんて言いながら、こういう感じに描いてくれました他にも今まで描かなかったほっぺたが出現!それによ〜く見たら眉毛?まつげみたいな毛も描かれてます。。ちょっとしたアドバイスで随分変わるものだな〜とびっくりしてしまいました!

こっちゃん←これは、同じクラスの仲良しのお友達のお顔です。お誕生日プレゼントとして折り紙に描いて、お名前を添えて次の日、幼稚園で渡しましたとても喜んでくれたようで、その翌日、お友達からお礼のあやごんの絵を頂きました


そう言えば最近、描くことが好きになってきたようです。以前は全くと言っていいほどしなかった塗り絵なんかもしています。
ぬりえ←これは大好きなプリキュアの塗り絵です。とても丁寧に色々な色を使って塗っています。う〜ん、、これは大きな成長だわ(^o^)♪





そうそう、先日、運動会の絵も絵の具で描いてくれたのですが、人物だけでなく背景の物まで描いて(旗とか)色も塗るようになりました。これはきっと幼稚園で先生から教わったんでしょうね〜☆

絵の指導・・といえば、酒井式という指導法があることを先日、美術教師の山崎俊明さんのブログから教わりました。。私もはじめて知ったのですが、「教師が描かせたい絵が前提にあって、それに向けて細かく指示をしながら絵を描かせる」指導法だということです。

その指導法の結果、2才児の子供でも驚くほど立派な絵を描けるようになるらしいのですが・・・

私もその道の専門家ではないのではっきりとしたコメントはできませんが、個人的に言うならば、特に幼少期には自由な発想で描いて欲しいですね。思うがままに描けば言いと思います。ただ、何もかも自由に・・めちゃくちゃに・・ではなく、例えば、クレヨンの持ち方、絵の具の使い方など、年齢に応じて適切なアドバイスをしてあげればいいですね。

そうすれば、集中力、観察力も養われ、大人の考える以上に自然に素晴らしい作品ができるのではないのでしょうか?

少しずつ描くことに興味を持ち始めたあやごん・・・暖かくなったら、是非美しい景色を眺めて写生なんかも一緒にしてみたいですね・・

色が豊富な水彩色鉛筆はいかが?

あなたのワンクリックであやごんとままごんを応援してね〜
その1子育て人気ブログランキング

その2子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系
その3またまたランキング♪
その4子育てブログランキング
その5どすこいランキング
その6