最近、あやごんは、スズキ・メソードの教本以外にも勝手に簡単な童謡など弾いて遊んだりしています。

誰でもが知っている童謡「チューリップ」は、当然のこと、「ドレミ ドレミ ソミレドレミレ〜♪」って弾きますよね?!(あやごんもそう弾きます)

でも私が持っている童謡の楽譜をじっくり見てみると実は、違ってたんです・・・
チューリップ楽譜←こういう感じで♭がひとつ付いています〜。
見えにくいので画像をクリックして大きくして下さいね。。





「ふ〜ん」そうなのか〜と思いながら、、あやごんに「今からチューリップ、弾くからドレミで歌ってね!」と言って、この楽譜通りに弾いてみました。

すると、どうでしょう・・・あやごんは、ちゃんと「ファソラ ファソラ〜♪」って歌って「ママ、どうして、ドレミ ドレミじゃないの??」って言うんですね。。

おぉ〜やっぱり絶対音感が身に付いてるのね〜って少し感動しました
ところで、私には相対音感しかないので、どうしてこれがドレミに聞こえないのか、とても不思議なのです
あやごんにたずねても、その辺のところは不明瞭・・「だって、ファソラだもん」としか答えません。。

音を完全に覚えて記憶している・・・ってことなんですよね・・・?!
それは、目で見る「あ」と「い」くらいの違いがはっきりあるってことなんですよね・・?!あぁ、、絶対音感の感覚、一瞬でいいから体験してみたいです〜。

子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系 こちらもクリックお願いしますね♪
またまたランキング♪