8月の上旬くらいから取り組んでいる、前期初等科の課題曲でもあるメヌエット2(正式名称「メヌエットBWV Anh.116」)に奮闘中のあやごん。。

はじめは右手、そして左手、そして9月から両手を合わす練習を続け、とりあえず、なんとか両手で通して弾けるようにはなりました〜 
メヌエット2を弾くあやごん←2冊の教本、、頑張って練習しているよ♪


なんの楽譜?←ありゃ?これではどんな曲が弾けるのかな?
それにしてもこの曲は難しい
メヌエット2 出だし 楽譜を見て頂いたらよく分かるのだが、出だしの♪ソシレソラファ#ソ ソ ソ♪のテーマ部分が何よりも困難なのだ。

とても音が離れていて、まだ小さな手の3歳のあやごんにとっては、指のコントロールが至難の業(-_-)


メヌエット2 中間
だけど、先生はとっても張り切っていらっしゃる。。理由は、11月中にこの課題曲を完成させて録音テープをスズキ本部へ送ることを目標にしているから。
今年の提出を逃すとまた1年後になるから・・と、2冊目の教本はこの曲からスタートしたのです。

どうやら、先生の知る限り、このメヌエット2を完璧に弾きこなした3歳児は今までに1人か2人だけだ・・ということで、12月生まれのあやごんは、もしかしたら
3歳で弾きこなせるかも・・・?!と張り切ってらっしゃるわけです


メヌエット2 最後そのご期待に添うべく、私も頑張らねば!!とは思っているのですが・・・当の本人はマイペースなにせ、まだまだ全然、「欲」というものがありませんから。。
毎日の練習はやりますけど、11月までに完璧にするぞ〜なんて、思いもしません。

先日のレッスンでもどうしてもこれ以外の曲も複数持っていますから、一番最後に弾くメヌエット2の頃は疲れてくるのです・・・

そのうち、先生がお話ししてても身体をくねくねくねくね〜。全部でピアノを45分くらいレッスンするのですが、集中力が切れてくるんですよね。

どの曲でもそうですが、はじめの1回目が一番集中して弾けていて、先生が「○○に気をつけてもう一度ひいてみましょうね」といってもあまり変化なく弾いたりしちゃって・・・見ている私が冷や冷やするんですけど・・。
時には、「小さい音でね」・・・って注意されてるにも関わらず(きっとわざと)大きく弾いたりしてふざけたりもするんですよね〜

そうすると、ついに先生から「あやごんちゃん、、適当に弾いていたら100回弾いても今と同じなのよ。どういう風に弾くか考えながら弾くと1回弾くだけでも上達するのよ」と爆弾宣言(-_-;) ←う〜ん、き、きびしい〜と思いながらも的を射てると思ってしまった私。
 
あやごんの場合は、一応、ヨタヨタながらも楽譜通りに弾けているので、その後のステップアップは、本人の意識の持ち方次第と言うことらしいのですが・・・「これが一番難しいのよね」〜と先生もおしゃっていた。
 たとえ、3歳の子供に難しいメヌエット2とはいえ、ヨタヨタメヌエットではダメだそうで・・・演奏した曲を聴いて、「まぁ、これが3歳の子供の演奏なの?!」となれば成功で、曲に年齢は関係ないそうです〜(^^;)。確かにね、、スズキ・メソードのコンサートで4歳か5歳位の子が弾くメヌエット2を初めて聴いたときは、ぶったまげたもんね。。「こんな小さな子が、こんな曲、弾けるの?!それも完璧〜」ってね。ふぅ・・・要求レベルは高いが頑張るしかないのね・・私が

とりあえず、私があやごんにし向けた作戦は・・・「次のレッスンまでに、今よりうまくなって、先生をびっくりさせてみようか?!」って言う感じ。

随分、先の目標よりわかりやすいし、あやごんも人をびっくりさせたり、喜ばせたりするのが好きだから。。

それで、実際に取り組んだ内容は、大切な曲の出だしの部分がどうしても「ソシレソラ(少しあいて・・)ファ#・・・」となっていたので、ファ#が確実に弾けるように繰り返し練習したんです。。おだてたり、褒めたり色々しながら・・・何回も。。
もちろん、ふざけすぎて叱ったり、うまくできなくて涙したり、アイスでつってもう1回繰り返しさせたり・・私が、撃沈の時だってあります・・・そう、日々戦いなのです

でも地道な練習の甲斐あって最近では、テンポは揃うようになってきたかな??やっと。一応、今の段階の(♪メヌエット2)をUPしてみようと思います。途中、間違えたり、風邪をひいているあやごんの咳が入っていて聞き苦しいかと思うのですが、すみません。

さて、さて、この先どのようにして完成まで導けばいいのかな??私もあやごんも大好きな曲なので素敵に仕上げられれば良いのですが。。
何か、良い方法があれば、どうぞ、、教えて下さい〜<(_ _)>ペコリンコ

子育て系サイト★人気ランキング>出産育児日記系 こちらもクリックお願いしますね♪
またまたランキング♪