今年の夏は、8月しょっぱなのおたふく風邪で、ともかく出遅れてしまいました・・
それでやっと、最近、近所のお友達の間でブームの虫取りに参加すべく、「虫取りあみ」と「かご」購入して、それから、日々虫取りやってます・・・誰が、、って・・?もちろん、はじめは子供達なんですが、いつの間にか・・結局は、私たちがあみ振り回してるんですよね〜(-_-;)
とりあえず、いつも取るのは決まって「セミ」なんですが、取れる蝉ってたいてい、クマ蝉かアブラ蝉です。どうやらミンミン蝉も最近は減ってきているようだし、ひぐらしやつくつくぼうしなどは、滅多に取ることはできないみたいで・・・

でももう「セミ」も寿命の終わりのシーズンがきているようで、あちこちで死骸が発見されます。代わりに赤トンボなどの「とんぼ」たちが飛びはじめているんです。

秋がもうそこまでやってきているんですね・・・

ところで、トンボを取るのって意外に難しいですね〜。なにせ、動きが素早いんです。思わず、必死に追いかけて腰をひねってしまいそうになったり・・・(^_-)

はじめこそは、子供たちがアミ持って走ってますが、なかなかうまくとれないもんだからついには「ママ、取って〜」とか言って、自分たちはまた別の遊びを始めたりするんです・・・(^^;)そして、暗くなるまで蚊に刺されながら頑張るママ達なのです・・

ところで、昨日は、ぱぱごんと虫取りに行って「おにやんま」を取ってきました!日本一大きいトンボなんですよね〜。
 なんだか、子供の頃よりじっくり虫を観察している気がする・・・本当は、あまり虫が好きではないんだけどね、、あやごんのためだから、仕方ないです。。

夕方、暗くなってきたとき「セミ!」と思ったらコウモリでした(^^;)
もう、疲れて、何でもとってしまいそうな勢いです・・・

そして、お家に入る前にカゴの中の虫たちを放してやります。虫は、小さいけど大切な「命」であるということを感じ取って欲しいですから。。

今も玄関には、アミとカゴがいつでもスタンバイ。。まだ、もう少し虫取りの日々が続くんだろうな・・・