先日、旅行前にあやごんのバッハのメヌエットを音源UPしたのですが、、旅行から戻って後半部分の両手を練習して、やっと、最後までたどりつくことができました〜。
旅行中は、ピアノの練習ができなかったので、今週は、その分頑張って練習したんです
当然、、後半はミスタッチもあるし、、ヨタヨタ感もあるのですが・・前回の続き、ということで引き続き音源UPしたいと思います。よかったらどうぞ聴いてみて下さいませ〜(♪メヌエット1

最後まで聴いて下さった方・・・ほんとに、ありがとうございます〜(^_-)ちょっとお疲れになったのでは?!
 
ところで、このメヌエットは、まだ先生の指導は受けていないので、指導を受けたらどう変わるのか・・それが、楽しみですね。。
とりあえず、今後も毎日弾いていく予定なので、練習を重ねると、スムーズに弾けるようになってくるはず・・・

ところで、もうすぐピアノを習い始めて丸1年になろうとするのですが、、3歳のうちにこのような曲が弾けるようになるとは、正直、私自身思ってもみませんでした!

では、なぜこのような曲が弾けるようになったのでしょう・・・??私が思うに赤ちゃん時代からよく聞いていたクラシック音楽で耳ができあがっていた・・とか、練習を毎日きちんとしている・・とか、そういうのも大きな要因だとは思うのですが、、もっと別の理由もありまして・・それは・・あやごんの手が大きいということ!!なんです

これって、結構大切なことですよね?はっきりいって生まれた時から手は大きくて(もちろん指も長い)、「ピアノに向いていそう〜」と密かに思ったものです。

通常の3歳児が、どのくらいの大きさか・・・っていうのは、はっきり分かりませんが、現在、あやごんは「ド」から「ラ」は余裕で届いて「シ」も濁るけれど何とか届くかな?って感じです。
それに指がとっても良く動きます。。先生もいつもこの2つの点に驚かれています(笑)特に左手の和音とかでその凄さがあらわれてくるのです・・・

女の子なので小さい手のほうが可愛らしいのですが、せっかく与えられたBig Handなのでピアノ演奏で役立ててもらえたら嬉しいな〜って思います(^^;)