いよいよ、7月からピアノレッスン体験をスズキ・メーソードで始めることになりました。
あやごん、当時2歳7ヶ月(2004.7)。レッスンは、土曜日の午前9:30からということで、実はピアノレッスンの後、11:10から幼児教室も入っていて、忙しい土曜日がスタートしたのです。

体験という形が取られたのは、7月、8月の2ヶ月間で月に2回のレッスンで、様子を見る・・というものでした。

当時のあやごんは、すでに会話もきちんとできてはいましたが、なにせ2歳児・・ですから、どのくらいレッスンができるのか、、いわばお試し期間・・というわけですね!
まず、始めに習うこと・・・それは、ご挨拶。レッスンの最初に、楽譜を先生に両手で私ながら「宜しくお願いします」とぺこりと頭を下げます。
そして、椅子に座るのですが、当然身体も小さいから足置き台を用意してくれていました。

そして、いよいよ鍵盤に触るのですが、まずは手の構え方。鍵盤に触る前の「用意」の姿勢でじっとしなければならないのですが、すぐに手がベチャっと鍵盤の上に落ちてしまうんですね。。まだ、力が足りなくて、先生が支えてくれたら、空中で手を静止できるんだけど・・・。これが結構難しいらしいんです。

自分の経験を振り返ってみても小学校1年生から習い始めた自分は、そういうことで苦労したことがなかったのだけど、2歳児なら当然のこと・・なんですよね。

次に、ドの音の見つけ方・・まず「2歳って指でできる〜?」って先生がたずねます。ちょうど、2歳前頃に「2歳」が出来るようになったあやごんは、右手でVサインをして見せていました。。そしてその2歳を黒鍵が2つ並んでいるところに持っていって親指をパッと開いたところがちょうど、ドの音になるっていう見つけ方を教えてもらいました。
なるほど〜。これは、簡単!その日からドはすぐに見つけられるようになりました〜。
そして、ドの音を何度か叩いて音を出してみるんだけれど、他の指も一緒に鍵盤をたたいちゃったりするんですよね。。

音を出す練習は今回は、このくらいで、次は歌の練習です!まず、最初の練習曲が、きらきら星Aですから、これを階名で歌います。
歌の方は、先日先生から教本(第1巻)のCDをお借りしていて、毎日何度も聞いていたので、メロディは覚えている様子で先生について階名で、元気に歌っていました。それもリズムを取るように足踏みをしながら・・・思わず見ていて笑ってしまいましたー(*^_^*)。

そんな感じであやごんの練習は、終わりで、またきちんと終わりのご挨拶・・「ありがとうございました」と言って頭を下げ、楽譜を受け取ります。。確か全部で25分くらいだったかな・・?それでも初めての練習にしては、よく集中できたんじゃあないかしら?!

さて、これで終わり・・・と思いきや、続いてお母さんのレッスンがあるのが、スズキ・メソードの特徴でしょうか。。
お母さんも同じ内容でレッスンを受けることにより、家での練習でより深く指導してあげれるし、特に小さい子供の場合、お母さんが楽しそうにレッスンを受けていたら、自分も真似したがりますから・・・

私も右手だけ、きらきら星Aを先生の前で弾きました。。なんだか、とっても久しぶりで緊張してしまいました〜。
ちなみにきらきら星Aは、ドドドド ドド ソソソソ ソソ ララララ ララ♪
というリズムなんですよね。。私自身、お決まりの子供のバイエル 上 (1)
メトードローズ ピアノ教則本から習ったので、本当に出来るのかしら・・?と思ったわけですが・・・・・「結論からいうと、、大丈夫だったのですが。」

親子それぞれのレッスンが終了したら、やはり45分くらいかかったでしょうか。。いよいよ、スタートしたんだなぁ、、、という思いで初回のレッスンは無事に終了。次のレッスンは、2週間後。
今日、習ったことを中心にきらきら星Aを練習することが日々の課題です!