2005年05月18日

赤ちゃんに読みをどう教えるか?

グレン・ドーマン博士の著書の中に赤ちゃんに読みをどう教えるかがあり、結論からいうと赤ちゃんでも言葉を簡単に学ぶことができて、読むことが出来ます。ただ、その結論に達するまでには、20年もの月日がかかり、現在の読みの教え方のプログラムが完成したということです。

言葉も当然、学ぶ年齢が低いほど簡単に学べ、よく読めます。そして、1歳で単語を2歳で文字を3歳で絵本を読むことができるのです。
何より、子供はみな、読むことが大好きで学ぶことも大好きです!(多動の子供は、実は知識に飢えている結果だそうです!)

それに少しでも早い時期に言葉の理解・発語を促してあげると自分の気持ちを言葉で伝えることができて、いらいらせず、人を叩いたり噛んだりすることもなく落ち着きある子供になりますから・・・結果、育児もしやすくなる・・というわけですね。。

では、具体的にはどのように読みを教えていけばよいのでしょう・・・?

読みを教える前に
●お母さんの心がけ;まずお母さんの気持ちが落ち着いていて、ゆとりがあるとき。そして子供の機嫌が良く、楽しめるときにする。学習は、子供が飽きる前に切り上げるということ(他の学習も同じです)。
出来ない日は、無理をしない(そういうときは絵本だけにする)。集中できる場所で行う。

●教材の準備;文字を書くカードは白い厚紙です。厚紙を縦50僉横13僂らいの大きさに切ります。文字を書くペンは出来るだけ筆先の太いフエルトペンを使います。
文字の大きさは9兒擁を目安に文字数等によって調整する。ポイントは、「カードの大きさを統一する」ことと「大きくはっきり書く」こと。
縦書きでも横書きでもかまわないが、全てどとらかに統一すること。
文字は、なるべく漢字を交えて書くこと(子供にとってはひらがなより漢字の方が覚えやすい)。
カードの表に教える文字を書き、裏に小さく書いておくとスピーディに読みながらカードを見せていけます。

とりあえず、200語分くらいのカードを用意してから、始めましょう!
次は、いよいよ実践編です〜♪

☆市販の漢字カードを利用するのもいいでしょう・・♪

ayagontamama at 12:13│Comments(12)TrackBack(0)早期教育のいろは 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ノミ   2005年05月18日 17:55
こんにちは!
ちょっと、面白そうですね〜(^^)!
キャラクターが分かるんですから、文字も絵として覚えるんでしょうか!?
以外にカードが大きいので、びっくりしました。
子供の成長振りを見ていると、出来そうな気がします。
実践編楽しみです。
2. Posted by ままごん   2005年05月18日 19:42
ノミさん、、その通りです〜♪
文字、、特に漢字など複雑なものほど、記憶に残りやすいんですって。。また漢字のことは別の機会に・・・ご紹介しまが、、キャラクターやらロゴマーク、子供の方がなんでも覚えるのが早いですよね。。

家庭保育園の教材の絵カードや漢字カードは、厚紙の大きさが約15僉滷横鵜僂琶源の大きさが約6僉滷境僂らいです。ただ、特に月齢の低い赤ちゃんには大きいほうがはっきり見えることは確かですねー。

自分で作られてもいいし、市販の物を使われてもいいと思いますよ。。是非トライしてみてください。
3. Posted by robin elise   2005年05月19日 22:39
なるほどね。この教材とカードは、私と私の息子にも良いかもしれませんね。とにかく漢字はむずかしいから。。。
頑張って勉強しなくちゃ。
4. Posted by ワコ   2005年05月19日 23:11
こんにちは。読み方を教える方法ですかぁ。私は今かな絵ちゃんという教材でフラッシュをしていますが、文字は一切インプットしていないんですよ。
早期教育の本では「字を早く読めるようにする」為の方法を見たりしますが、絵本の専門書などには、「絵本を読むときには読み聞かせの方が、絵を見て、聞いて、考えるので想像力が豊かになる。文字を読めるようになるのは遅いほうがいい」と書いてあったので、私は後者を選んで文字は自然に任せよう!と思った次第です。
こうも対極にある意見を見ると、とても心が揺れます(笑)。でもその前に我が子には言葉をインプットしなければ。
5. Posted by ままごん   2005年05月20日 00:51
ロビンさん、、こんばんわ。早速耳鼻科に行ってきましたー。扁桃腺は私の持病だから仕方ないんですよね・・・(>_<)。ご心配下さりありがとうございました!ロビンさんも喉が弱いのですね。。お互い、気をつけましょうね・・・トホホ。。
 さて、漢字カード、、もちろん親子そろって使えますね!大人には難しいと感じる漢字でも子供は平気で覚えるそうです。きっと陸君はスイスイ覚えていきますよ。でも我が子に抜かされるなら、幸せなことですよね!頑張って下さいね。
6. Posted by ままごん   2005年05月20日 01:02
ワコさん、ご意見ありがとうございます!思わず、なるほど〜。そんな考えかたもあるのね〜って思ってしまいました。

ただ、3歳のあやごんさんの様子から、十分、想像力は育っている(いつもあやごんワールドの世界で遊んでます?!)ので、その点は心配ないと思います。あと言葉を使って人は、しっかりとした記憶を残していくそうで(だから大体3歳以前の記憶はほとんどないそうです・・)。
 s田の教室でも2〜3歳児クラスで、難語カードとか見せてましたよ!
もちろん、絵カードもいっぱい見ますし、
我が家でもまだ絵カード、、毎日見せています。
7. Posted by Rin   2005年05月20日 09:19
ままごんさんこんにちは。さすがですね!私は自然カードを使って、お話をしてあげたりしています。本当に勉強になります。私もままごんさんを見習って、もっと美月との時間を充実させていきたいです。
8. Posted by かずママ   2005年05月21日 17:02
こんにちは。
ご無沙汰しております・・・
私も息子(1歳4ヶ月)に、記事のような事をする、教室に通わせています。
漢字・百人一首・国旗・数字・英語・・・などのカードを、スピーディーに先生が見せながら、読み上げていくのです。息子は勿論、じーーっとしているわけもなく、ウロウロしながらの授業です(汗)
でも最近、カードに幾つもの「点」(85〜100)が書いてあるカードは、凝視するようになりました。これって、一応の成果とみなして良いのでしょうか?
9. Posted by ままごん   2005年05月22日 00:42
Rinさん、コメントありがとうございます。
私もできる範囲でやってきましたから・・Rinさんも自分のペースでいいと思いますよ。。ただ、毎日少しずつでもいいから美月ちゃんとの時間を持てたらいいですね!

家庭保育園やってるママでも結構仕事を持ってる人がいました。当時の私では、考えられない〜。。Rinさんもお仕事しながらで、、尊敬しちゃいます♪これからも頑張りましょうね。
10. Posted by ままごん   2005年05月22日 00:49
かずママさん、、こんばんわ。

かずま君は、ドッツカードが好きなんですね!!将来、数学が好きになるかも。。

子供は見ていないようでも結構見てるものです。あとは、その時の機嫌とか・・・ですよね。ベストな時におうちでもカードを見せてあげてはいかがでしょう?週1回のお教室だけではもったいない気がします。。
3歳くらいまでは、ひたすら結果を気にせず入力に徹していれば、必ず成果が現れますよ〜
11. Posted by ぱぱごん   2005年05月23日 20:08
かずママさん、こんにちは。

あやごんパパです。

幼児教育は、「休まず、焦らず、諦めず」と言います(自分に言い聞かせている…)。

自分と子供を信じて、やるしかない…。結果は後から付いてくると、そう思います(やっぱり、自分に言い聞かせている!?)

でも、今までで言えることは、あやごんは心優しい子に育ってきているということです。(ホロりとさせられることもしばしば…)

あぁ、親ばかですねぇ。
12. Posted by まりまま   2006年04月11日 08:45
はじめまして!!まりままです。
とても興味深くおもしろそうなのでお邪魔させていただきます。
絵カードをやっていますが、とてもとまどっているので、聞いてください!絵カードなんですが、どのようにやられてましたか?最初は絵のほうだけを見せて読み上げながらフラッシュしていたのですが私も(よみをどうおしえるか)をよんでから文字のほうを見せたほうがいいのかなと思って、文字のほうをみせるようになりました。しかし今は絵をみせたあとそのままひっくりかえして、裏の文字のほうをつづけてみせてます。娘は4ヶ月なんですが混乱しないかと心配です。どのようにやられてたか教えて下さいませ〜m(..)m

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
広告
記事一覧
もくじ
■このブログについて
ごあいさつ
☆お知らせ☆

■早期教育のいろは
私と早期教育との出会い
教材の選択・決定
「家庭保育園」の徹底研究
家庭保育園、スタート!
生後2ヶ月のプログラム
腹這いの重要性
手を使う能力プログラム
3歳までの塾&教室
赤ちゃんに読みをどう教えるか?
赤ちゃんに読みをどう教えるか? 実践編ステップ1
赤ちゃんに読みをどう教えるか? 実践編ステップ2
赤ちゃんに読みをどう教えるか? 実践編ステップ3〜5
■英語教育のいろは
英語教材について
■音楽教育のいろは
リトミック教室
赤ちゃんの好きな音楽
リトミック教室終了
それぞれの音楽教室(ピアノ編)
幼児の能力コンサート
スズキメソード卒業制度
絶対音感について
ピアノレッスン♪1
スズキメソード ピアノ指導曲集
ピアノレッスン♪2
スズキ・メソード季刊誌
ピアノレッスン♪3
ピアノ安全対策グッズ


■情操教育のいろは
アマデウスの魔法の音 〜母と子どものための特別ボックス〜
聞き比べ モーツアルト♪
大好きミッフィーちゃん!
スイミングスクール その
スイミングスクール その
赤ちゃん誕生祝いに贈る絵本
■薬剤師ままごんの健康広場
家庭療法 風邪編
眠くならない鼻炎薬
人間ドック
蚊に注意!日本脳炎ワクチン接種について
アミノ酸(BCCA)ダイエット!
音楽療法 モーツアルト効果
寒天ダイエット
寒天情報 続編
紫外線 対策
子供の肌トラブル〜水いぼ編〜
細木数子秘伝?!健康スペシャルドリンク

■日常のつれづれ日記
最近のブーム
はじめてのお泊まり
幼稚園の準備
バイオリン教室の見学
いい知恵ないですか?
梅じゃなくって・・・
はじめてのディズニーワールド
幼稚園生活スタート!
ヨガ始める!
絶好調vs絶不調
やんちゃ度アップ!
蒜山高原 旅行記
食中毒対策
ハードスケジュールな日
給食試食会
おばぁちゃんの似顔絵
救急病院?!
元気は元気だけれど・・・
楽しいお誕生日会
紫陽花と幸運
七夕音楽会
幼稚園の懇談会
夏休みの落とし穴
最近のコメント
アクセス数