2005年05月01日

絶対音感について

音楽を学ぶものにとって「絶対音感」という能力は非常に大切であり、音楽の様々な分野・・・作曲、演奏、編曲、鑑賞など全ての領域の根幹において大きな力を発揮する、大変優れたな能力です。
 20万人に1人といわれるこの能力は、生まれつきの能力ではありません。それでは一体、どのようにしたら身に付くのでしょうか・・?


ところで、音感には、この「絶対音感」だけでなく「相対音感」の2種類に分けられ、どちらも成長過程の中で身に付いていく聴感覚です。

そこでまず、「絶対音感」について簡単に説明しますと・・・基準の音がなくても(楽器がなくても)音の高さや音名が分かる、、つまり音そのものを1音、1音記憶している音感となります。
楽譜がなくても音楽を聴いただけで、演奏したり、歌ったり、楽譜にすることができるのはこの能力のためなのです。

さて、この能力を身につけるには、幼児期(2歳位〜6歳位)に一定のトレーニングを行わねばなりません。。
ちなみに年齢別の絶対音感習得能力(木下達也教授の統計による)は、5歳児の1年間の平均習得能力を「1」とすれば、4歳児は「2」、3歳児は「3」、、、6歳児は「0.5」、7歳児は「0」と年齢が低いほど、習得能力は高くなっておりできるだけ早くから音楽教育は始めた方いいことが立証されています。

次に「相対音感」ですが、基準となる音と比較して別の音を聞き取る音感、、つまり、音の比較ができて音のつながりを聞き取ることができますから階名が分かって(ただし、楽器や楽譜がないと正しい音程・音名を知ることが出来ないし、調が変わっても同様に階名で聞こえる)、音楽を楽しむことができます。こちらは、子供から大人まで音楽経験や訓練で身に付きます。

私自身、ピアノを習い始めたのが6歳で、絶対音感はほとんど身に付いていなくて学生時代、合唱団に所属していたときも、「絶対音感」が身に付いていればなぁ・・・と何度も思ったので、あやごんには、適切な時期にトレーニングを始めようと考えていました。。

私が選んだ教材は、絶対音感~その習得のすべて~[改定決定盤]で、音源がCD(2枚組)であるため正確なピッチの音を聴くことができ、「色音符法」を使うため小さい子供も楽しく取り組めるはずです♪

あやごんの場合、2歳9ヶ月からピアノを習い始め、2歳10ヶ月からこの教材を使ってトレーニングを開始しました。。

ピアノのレッスンでも毎回、先生が和音の音当てや歌を取り入れて下さっているので、知らない間に聴く力はみるみる上達していったようで、3歳4ヶ月の現在、1枚目のCDは、ほぼ完璧で、先週から2枚目のCD(黒鍵スタート)を習得中です。

先日、黒鍵の音を知らない時期に音感を調べるゲームで難なくクリアしていたあやごんが、黒鍵の音を聞いたとき、「分からない」と答えたので正直びっくりしました!
また、「どうして分かるの?」とたずねても「・・・分かるから」というだけで・・・それにしても、子供の能力って本当にすごいですね!!
ayagontamama at 22:59│Comments(12)TrackBack(0)音楽教育のいろは 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by momosuga   2005年05月02日 23:50
 こんにちは。絶対音感はウチの兄が持っています。何を叩いても何の音か分かるみたいです。不協和音も全部当てます。兄は今小学校の教師なのですが、音楽にはずっと携わっていて、地元の吹奏楽業界ではちょっとした有名人になっています。そんな兄の音楽のルーツは、母がずっと0歳の頃から兄にクラッシクを聞かせていたことにあると思います。やはり、トレーニングは必要ですね。
2. Posted by ままごん   2005年05月06日 00:55
momosugaさん、こんばんわ!

お兄さんの絶対音感の実力も素晴らしいですが、やはりお母様がそのきっかけを作られていたんですね!!

音楽を一生の友として生きていけるなんて、幸せなことだと思います。。

きっとmomosugaさんもお母様やお兄さんの影響で音楽が好きなのでしょうね・・・♪
3. Posted by エルマーマミー   2005年05月06日 09:22
はじめまして^^
書き込みありがとうございます!

私は「相対音感」ですが、それなりに楽しい音楽生活を送れています。

娘は今「相対音感」から「絶対音感」へかわりつつあるようですが、

何を聞いてもドレミで聞こえるのはしんどいのと不協和音が気になって仕方がないという知人がいることから、
自然に身に付ければそれでいいかと思うようになりました^−^

私自身、意識すれば音がわかりますが、意識しなければ特に気にしません。

特にジャズが好きな私は、ときどき移調したり変調するので、そのときに絶対音感を持つ知人はかなり怪訝な顔をしていました。
「合わない」と^^;

音楽が好きで、音を楽しめればいいな♪と
思っています!!

カホは、持っていませんが独自で早期教育してきました^^
またいろいろ教えてくださいね!よろしくおねがいします。


4. Posted by ワコ   2005年05月06日 23:54
はじめまして、ブログの方に来ていただいてありがとうございます。
絶対音感、私は4歳くらいから12歳くらいまでピアノ(クラシック)を習っていましたが、多少はあると思いますよ。聞いた音をドレミであらわせるし、和音でもわかります。音が無い状態でも基本となる「ド」の音がわかるし…。楽譜を書いたことはありませんし、そこまでの能力は無いと思いますが、私でもこの程度できるから、訓練次第なんだなーと思っています。12歳からは全く音楽から離れて現在27歳ですが、能力的には変わりませんよ。
自分の子どもは男の子だから音楽を教えようとは思っていませんが、育児に余裕が出たら私がバイオリンを習いたいんですよね。それを横で聞いていたら、子供も音感がつくのかしら…?
5. Posted by ままごん   2005年05月08日 02:53
エルマーマミーさん、、コメントありがとうございます。。

私も相対音感で、音楽と楽しく過ごしてきました。。確かにすっごく音に敏感な人は、気になりすぎる・・・って人もいるようですね。。
この能力があっていいか、悪いか分かりませんが、子供は割と自然に吸収している感じなので、どうなるものやら・・楽しみに見守りたいです。。

早期教育!!同じテーマでうれしいです。
教育に終わりはないと思いますので、今後とも宜しくお願いします〜。
6. Posted by ままごん   2005年05月08日 03:02
ワコさん、訪問ありがとうございます。

私も6歳から14歳位までピアノを習っていて、その後も色々音楽を楽しんできました〜。

そうそう、実は私もとてもバイオリンに興味があります!・・で、娘にもゆくゆくは、習って欲しいなぁーーなんて思っています。もう少し、ピアノに慣れて園生活に余裕ができたら、始めてみようか、、と計画中。。(前の記事にもあるのですが、バイオリン教室見学済み(^^;))

ワコさんもバイオリン始めたら、また教えて下さいね〜♪

これからも宜しくお願いします。
7. Posted by 空美   2005年07月29日 00:54
ままごんさん、はじめまして!
「空ピ」に来て頂いてありがとうございました。
こちらは情報満載のブログですね〜(≧∇≦)♪

絶対音感のCD、私も持っています。
自分は相対音感しかないので、小さい生徒にはなるべくレッスンの時に身に付くように訓練しています。
今までの経験で言うと・・・特別に訓練しなくてもいつの間にか自然と身についている子が何人かいて、その母親のタイプがとても似ているんです!
“超・教育熱心”(笑)
そして生徒本人も頭がいい!
(そういう環境だったら訓練しなくても身に付くのかな?)

では、また来ますね(⌒∇⌒)ノ
8. Posted by ままごん   2005年08月01日 16:54
空美さん、、いらっしゃいませ〜。お返事遅くなってしまってごめんなさい!!

空美さんの教室は、絶対音感つけるトレーニングもされてるんですね!!すごい〜。
 うちの場合も、このCDを使う時点で、なんとなく絶対音感がついていたみたな気がします・・・ただそれは、私がクラシックが好きで子供のためというより、自分が癒されたくて、BGMとして流していたのですが・・・空美さんの楽しい生徒さんに私は、注目しています〜。うちの娘もかなり笑えますけどね・・・(^o^)
9. Posted by 飯嶋 尚   2005年12月22日 04:55
音感を養う環境づくりを目的に音階時報時計を開発しました。絶対音感を身に付けることを主にした時計ではありませんが、幼児期より音程感覚を身につけるために絶え間なくならされる時報音に音階音とバッハの平均律を組み込みました。時計の12時間とオクターブの12音が一致していることを利用しています。
0時C−C、1時C−Cis 2時C−D〜
7時C−G, 9時C−A 12時C−オクターブ上方のC (不協音程は長三和音)
 2,3歳児から時報音を復唱する行為が見られると多数報告されてきました。ご意見を待っています。
10. Posted by 飯嶋 尚   2005年12月22日 04:58
音感を養う環境づくりを目的に音階時報時計を開発しました。絶対音感を身に付けることを主にした時計ではありませんが、幼児期より音程感覚を身につけるために絶え間なくならされる時報音に音階音とバッハの平均律を組み込みました。時計の12時間とオクターブの12音が一致していることを利用しています。
0時C−C、1時C−Cis 2時C−D〜
7時C−G, 9時C−A 12時C−オクターブ上方のC (不協音程は長三和音)
 2,3歳児から時報音を復唱する行為が見られると多数報告されてきました。ご意見を待っています。http://schlagen.jp
11. Posted by 申し訳ないっ!   2006年01月21日 00:29
偶然このブログを見つけました。
今日も音楽仲間達と絶対音感について話していたところです。
私は音大を卒業しました。
音楽は確かに私の人生を楽しくしてくれます。が、しかし 絶対音感というのは別に必要ではありません。
音大生の中にはもちろん絶対音感を持った人は多くいますが 移動音という方法で音を感じている人も多く その方が転調などがしやすくて(特に歌をうたう上では…)便利な事もあります。現在活躍している音楽家では楽譜が読めないなんて人すらいますし…
教育方法を否定はしませんが コレは絶対ではないことだけお知らせいたします。
12. Posted by かこ   2006年02月07日 14:35
ままごんさん、こんにちは。一歳9ヶ月になる娘を持つママです。このブログに出会ってうれしいかぎりです。私もカホを生後半年くらいから初め、使いこなせていないながら頑張っています。一歳半からリトミックへも通わせています。今はまだ10回目くらいで娘もやや不安・緊張しているのかなぁ?と思われるのですが、「音楽楽しい?」と聞くと「ふん!」と言っています。絶対音感CDなのですが、色音符も使われているということなのですが、2歳前も娘でも使えるでしょうか?私は10年くらいピアノを習っていたにもかかわらず、音がはずれたりするんですよね〜トホホ。なので娘には絶対音感持ってほしいなと思っています。これからの日記も楽しみに読ませていただきます!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
広告
記事一覧
もくじ
■このブログについて
ごあいさつ
☆お知らせ☆

■早期教育のいろは
私と早期教育との出会い
教材の選択・決定
「家庭保育園」の徹底研究
家庭保育園、スタート!
生後2ヶ月のプログラム
腹這いの重要性
手を使う能力プログラム
3歳までの塾&教室
赤ちゃんに読みをどう教えるか?
赤ちゃんに読みをどう教えるか? 実践編ステップ1
赤ちゃんに読みをどう教えるか? 実践編ステップ2
赤ちゃんに読みをどう教えるか? 実践編ステップ3〜5
■英語教育のいろは
英語教材について
■音楽教育のいろは
リトミック教室
赤ちゃんの好きな音楽
リトミック教室終了
それぞれの音楽教室(ピアノ編)
幼児の能力コンサート
スズキメソード卒業制度
絶対音感について
ピアノレッスン♪1
スズキメソード ピアノ指導曲集
ピアノレッスン♪2
スズキ・メソード季刊誌
ピアノレッスン♪3
ピアノ安全対策グッズ


■情操教育のいろは
アマデウスの魔法の音 〜母と子どものための特別ボックス〜
聞き比べ モーツアルト♪
大好きミッフィーちゃん!
スイミングスクール その
スイミングスクール その
赤ちゃん誕生祝いに贈る絵本
■薬剤師ままごんの健康広場
家庭療法 風邪編
眠くならない鼻炎薬
人間ドック
蚊に注意!日本脳炎ワクチン接種について
アミノ酸(BCCA)ダイエット!
音楽療法 モーツアルト効果
寒天ダイエット
寒天情報 続編
紫外線 対策
子供の肌トラブル〜水いぼ編〜
細木数子秘伝?!健康スペシャルドリンク

■日常のつれづれ日記
最近のブーム
はじめてのお泊まり
幼稚園の準備
バイオリン教室の見学
いい知恵ないですか?
梅じゃなくって・・・
はじめてのディズニーワールド
幼稚園生活スタート!
ヨガ始める!
絶好調vs絶不調
やんちゃ度アップ!
蒜山高原 旅行記
食中毒対策
ハードスケジュールな日
給食試食会
おばぁちゃんの似顔絵
救急病院?!
元気は元気だけれど・・・
楽しいお誕生日会
紫陽花と幸運
七夕音楽会
幼稚園の懇談会
夏休みの落とし穴
最近のコメント
アクセス数