今年は、花粉の飛散量がとても多い!!と予報が出て花粉症の方々は、恐らく憂鬱な日々を過ごしたのではないでしょうか・・?
もし、まだ発病していなくても油断は大敵です!!花粉を大量に吸い込めば、発病は早まって、突然アレルギー症状を引き起こすからです。

私の場合、やはり以前は何ともなかったのですが、、それほど症状はひどくはないものの花粉が良く飛ぶと言われている、晴れの日には、目のかゆみがありました。。う〜ん、、これってやっぱり花粉症デビューなのかしら・・?!

さて、最近の花粉飛散はどんな感じなのでしょう・・?
スギ花粉の飛散は、東北、北陸、甲信地方の一部を除いてほぼ終息に近づいていますが、ヒノキ科花粉は多い状態が続いています。
ヒノキ科花粉の飛散が終息する時期は、九州・四国で4月末、中国・近畿で5月上旬、残りの地域では5月中旬頃の見込みとのことです。(環境省報道より)

まだ、もう少し花粉症対策が、必要になりそうですね・・・

ところで、花粉症の症状の代表に鼻炎症状があります。
鼻水、鼻づまり・・・ひどい場合は日常生活にも影響が出てくるのではないでしょうか?!
症状がそれほどひどくない場合は市販のお薬を飲まれる方が多いと思いますが、大抵、鼻炎のお薬は抗ヒスタミン薬が配合されていて、その副作用として「眠気」に襲われることがあります。。。
これは、、仕事をされる方、学生さんにとっては辛いですよねぇ〜。。
ままごんの勤める薬局でもやはり、眠くならない鼻炎薬、服用回数の少ない鼻炎薬の要望が多いんです。

そこで、おすすめなのが「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」や「葛根湯加川弓辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)」という漢方薬です!眠くなる成分は、入っていないし、子供でも服用が可能なタイプもあります。。
鼻みず・鼻炎に漢方小青竜湯エキス顆粒SII 10包小青竜湯は「くしゃみ、鼻水」が主症状
ツムラ葛根湯加川キュウ辛夷(64包)葛根湯加川弓辛夷は「鼻づまり」が主症状


花粉症のみなさん、、長い憂鬱な春はあと、もう少しで終わりますよ〜!(^o^)