あやごんが生まれたときから、できるだけ早い時期から楽器を習わせたいと考えていた私。。とりあえず、私も習っていたピアノから始めようと思ったのは、単純にすでに我が家にピアノがあったから・・・

では、どこのピアノ教室がいいのかしら?・・と常々アンテナははっていて、候補にあがっていたのは、幼児教育で有名なスズキ・メソード音楽教室、ヤマハ音楽教室、後は近所の個人教室など。私自身は、ずっと近所の個人の先生について習っていた訳だが、、特に音楽の道に進む訳でもなかったので、趣味としてのピアノを同じ先生について習っていた。

なので、個人教室の様子は大体、経験上想像がつくのだが、、スズキ・メソード音楽教室や、ヤマハ音楽教室はどういう特徴があるのだろうか・・?
まず、音楽分野の幼児教育として、大変有名なスズキ・メソードとは一体どういう教育法なのでしょうか・・?
一言でいうと、スズキ・メソードは「母国語教育法」を基本とした才能教育であるということ。つまり創始者である鈴木鎮一先生は、赤ちゃんの頃から毎日繰り返し耳にする言葉をいつの間にか話せるようになる、、という事実に着目し、同様に音楽を含めた才能は生まれつきではなく、環境によって養われると考える教育法なのです。
具体的には、まず、お家で良い演奏などを繰り返し聴くという、環境作りから入ります。そうすると自然に優れた感性が育っていくというもの。
そして、まず、レッスンを見学して「自分もやってみたい!」という意欲を育てます。あくまで子供の気持ちを大切にレッスンをスタートさせるのです。
レッスンを繰り返すことで、集中力や忍耐力が養われ、結果的に高い音楽能力が身に付くわけです。
スズキ・メソード音楽教室は、ピアノよりバイオリンのほうが有名ですが、他にもチェロ、フルートの教室もあります。方針はどれも同じで「幼児期こそ教育の大切な時期である」と考えられているので、どの楽器も2歳頃(個人差あり)より入会できて、全て個人レッスンであるということです。

一方、ヤマハ音楽教室は・・というと、大体どこの地区にでもある音楽教室で
国内では、スズキより有名ではなかろうかと思います。。
ただ、どうしても幼児期(2、3歳)のレッスン内容というとリトミックなどから導入するグループレッスンが主流で、個人レッスンとなると「4歳くらいからがお勧めです」という具合なのです。まずは、音感を身につけ、音楽の楽しさを知ってから・・楽器に入るというのが一般的な方針のようです。
 ただ、あやごんの場合、すでに1歳よりリトミックを経験していたし、日々の暮らしの中に音楽を取り入れていたので、音楽の楽しさも十分理解している様子だし、私としては、ピアノの実践にすぐに入る教室を希望していたわけです。。
 そうなると、やはり、スズキ・メソード音楽教室に決定かなと思いきや、色々ネットなどで情報を集めていると、なにやらスズキ・メソードに対して賛否両論の声があることがわかってきたのです・・・
辛口意見とはどんなものか・・・よく言われている内容は、スズキで学ぶと耳から音楽を聴いて覚えていくため、読譜力が劣っている というもの。
特に音大を目指すなら通用しない・・だとか。何やら、自分が経験したわけでもないのにケチョンケチョンに厳しい評価を下している人もいた・・
もちろん、、スズキで学んで良かった!!という意見だって多くあるわけなんですが・・・そして、少し複雑な気持ちを抱えながら、どうしようかなぁ・・と迷う日々がしばらく続いた。