いつもの日曜日・・・あやごんの大好きなおじいちゃんとおばぁちゃんが遊びにやって来た。このおじいちゃん&おばぁちゃんは、ままごんの両親で、車で1時間ちょっとの所に住んでおり、ままごんは、一人っ子なのであやごんは、初孫でありたった1人の孫ということで、当然かわいくて仕方のない存在!!なのです。

この日も、いっぱい遊んでもらって、夕食も一緒に食べて、そろそろお別れの時間・・・というとき、ままごんがさり気なく「おじいちゃん、おばぁちゃんのお家にお泊まりに行ってみる・・?」と提案したのです。。
実は、半年ほど前の2歳6ヶ月の頃、同じように本人が「お泊まりする!」と強く言うのでひとりで行かせたのだが、車中、眠ってしまい、目が覚めたら「ママがいないーー」と泣いてしまって、結局おじぃちゃんがまた真夜中に送り届けてくれる、、ということを経験しているので、今回もわたしの提案には「うん!わかった!!」と即決で意気揚々と出かけていったけれど、本当に大丈夫かしら・・?と、私たちの方が不安で、ぱぱごんは、アルコールも飲まずに待機。。。
でも程なくして、電話が鳴って「今、着いたよーー」という元気な声が。。
そして、「ママ、さびしい?」なぁんて、ちょっと生意気なことも。
(でも結構、ままごんのほうが寂しかったりして・・・)
どうやら、眠るとき、すこし「ママがいなくて寂しいなぁ・・」なんて言ってたようだけど、無事に朝を迎え元気に「おはよう!」の電話をかけてきてくれました。
たった、半年間でたくましく成長したんだなぁ、、と嬉しく思う反面もうちょっとゆっくり時が流れてくれてもいいかなぁ・・なんて勝手なことを思ったり・・・でも、この調子なら来月からの幼稚園もきっと、大丈夫だね!!